IT便利手帳
*

自分は便秘しないから痔にはならないと思ったら違った話

痔の原因としてよく知られているのが便秘や硬い便のときに切れてしまったり、痔が出てしまう脱肛です。私は便秘というものを子どものころからしたことがなかったので、痔になるとは思ってもいませんでした。

わかったのは、大腸がん検診のときでした。市の検診で大腸がん検診をやって結果が「陽性」。再検査をした方がいいという結果に。

まさか、大腸がんがあるとは思いませんでしたが念のため確認しておこうということで、内視鏡による大腸がん検診を行いました。結果はがんはなく「痔」でした。内視鏡で見てくれた医師は一言「痔ですね~」って。。。


引用:http://xooxt.com/hem_fix.html

大腸がんの内視鏡をするためには、腸内の便をすべて除去しなければいけないので数時間かけて下剤を飲んで腸をキレイにするのですが、なんどもなんどもトイレに駆け込んで検診は5分で「痔」…ま、まあがんがなくてよかったんだけど。

しかし、たまに下痢をすることはあっても、便秘をしたことはなかったのでまさか自分が痔になるとは思いませんでした。

水様便でも痔になるらしい

あるサイトで調べたところ、痔の原因として下痢のときの水様性の便でも、便が肛門を通過するときの勢いが強いと肛門の粘膜を傷つけるので、傷口から細菌などが入り込み炎症を起こすということでした。

そして、下痢で痔になる原因としては、下痢の場合は何度も便が出るのでトイレに座った体制で長くいることがよくないみたいです。トイレで座った姿勢を長く続けていることで、よけいに便意が増すので、更に力んでしまい肛門に負担がかかるのです。そうなると、肛門の血流が悪くなるので痔の原因となります。

しかも、痔によくないのがトイレットペーパーで何度もお尻を含行為です。やはりトイレットペーパーは固いので何度もお尻を拭くことで、その摩擦で肛門を傷つけてしまうのです。

では、どうすればいいのかというと、排便の後はウォシュレットの温湯で洗うことです。温湯で洗うことで菌も繁殖しにくく、温湯の軽い刺激で肛門の血行にも良いのです。自宅にウォシュレットがないという人は、簡易版の洗浄機などもあるのでそちらを検討してもいいと思います。

痔にならないためには、トイレの滞在時間は2分~3分がベストです。やはり、トイレでの長居は厳禁です。下痢気味の人は腸内環境を整えて下痢が起こりにくくするということも大切なことです。

なお、痔は市販薬でもある程度治療することは可能です。


引用:http://xooxt.com/post-949.html

市販の薬はステロイドありなし、座薬か塗り薬かなど種類があるので自分にあった薬を使うことが重要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓