IT便利手帳
*

二日酔いと加齢臭の関係は

40代ぐらいになってくると誰にでも加齢臭が出てくると思いますが、お酒をたくさん飲む人はやはり加齢臭がきつくなるんでしょうか。

私が今まで知っている人でも、やはりお酒を飲む人は加齢臭というか体臭がキツイイメージがあります。といっても、それが加齢臭なのかアルコール臭なのかは定かではありません。確実に言えることは、二日酔いのときにはなんだか体臭がするということですね。

お酒で体臭がきつくなるわけ

お酒で体臭がきつくなる理由を調べてみましたが、大体以下のような理由のようです。

アルコールを摂取すると血液中にアルコールが入ります。その後肝臓でアルコールを代謝すると、アセトアルデヒドに変わります。アセトアルデヒドがさらに分解されて酢酸になり、炭酸ガスと水に分解されます。

お酒を自分の許容量以上に飲んでしまったり、肝臓が健康ではなく処理能力が低下していたりするとアセトアルデヒドが体内に残ったままになります。アセトアルデヒドが体内に残ると二日酔いの原因になります。アセトアルデヒドには強い刺激臭があるのでお酒を飲んで二日酔いになったりすると体臭がきつくなります。

 
このように、アセトアルデヒドが原因で体臭がきつくなるんですね。ただし、お酒を飲みすぎなければ、アセトアルデヒドが体内に残ることもないので二日酔いでの体臭を防止するには飲みすぎないことが一番の対策になります。

とはいえ、飲みすぎたくて飲みすぎるという人は少ないのも確かです。ついつい飲みすぎてしまったら、シャワーを浴びたり、口臭を予防するなどの対策をすれば幾分かマシになります。二日酔いになってしまったら、二日酔いの対策をした方がいいでしょう。長くなるのでこのページでは特に言及しませんが、以下のページなどを参考に対策を行ってください。

二日酔いを治す!効果のある予防と対策方法まとめ

お酒が好きな人の加齢臭対策

お酒はどうしてもやめられないけど、加齢臭の対策はしたいという人もいるでしょう。そういう場合は、加齢臭対策をしつつ、体臭が出ないようなお酒の飲みかたをするしか方法はありません。

加齢臭対策については、こちらのサイトにまとめられています。
参考:加齢臭の対策、予防法まとめ

では、お酒で加齢臭対策をする方法です。当然ですが、アルコールを過剰に摂取すると体臭がきつくなってしまいます。なので、お酒を飲みながら抗酸化力を高めて活性酸素が発生しても、それが脂質やコレステロールと結びついて過酸化脂質にならないようにする方法がいいです。

年齢が若いうちは大丈夫ですが、歳をとると抗酸化の能力が衰えるので加齢臭がするようになります。抗酸化力を高める方法としては、食べ物が一番です。ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、ベータカロチン、カテキン、コエンザイムQ10などの抗酸化力の強い栄養素を摂取することです。

これらをお酒を飲むときに同時に摂取することで抗酸化力を高めます。抗酸化力が高ければ多少アルコールを飲んでも加齢臭を抑えることが可能です。

加齢臭を抑えるお酒

実際に加齢臭を抑えるためのお酒を飲むなら赤ワイン、ウイスキーなんかを飲むといいですね。お酒を飲んでいるときのおつまみにも気を使いましょう。肉や揚げ物などの脂質の多いものばかりを食べると加齢臭の元になります。野菜や魚などの脂質の少ない食べ物を積極的に摂ることで美味しくお酒を飲みつつ、加齢臭対策ができるようになります。

抗酸化力を高める

食べ物で抗酸化力を高める他にも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすることでも活性酸素を除去し、抵抗力を高めることが可能です。加齢臭対策の他にも、健康に対する対策にもなるので面倒臭がらずに運動をする習慣をつけてください。運動をすることが難しいならサプリメントの活用も視野にいれます。抗酸化作用の高いサプリメントを毎日摂取することにより、栄養素を簡単に摂取する事ができます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓